【歯髄保存と難治性感染根管治療の最前線】
マイクロスコープがもたらす拡大視野の歯科治療は、私の臨床の最大の技術革新です。
肉眼では見ることができなかった歯内療法の世界において、マイクロスコープ下では、複雑な解剖学的形態に潜む様々な感染源を実際に見て治療することができるようになりました。そして、CBCT、OKマイクロエキスカといったツールを使用することで従来、難治症例といわれ抜歯を余儀なくされていたケースにおいても、治療できる可能性が広がりました。
今回マイクロスコープを用いて行う難治性感染根管治療についてお話ししたいと思います。

[録画配信]The Edge of Dentistry 第6回

『マイクロエンド』講師:岡口 守雄先生

  • 日時

    7月25日(木)20:00〜22:00

    *すでに開催は終了していますが、録画配信でご参加いただくことが可能です。
    8月9日(金)の24:00までの期間限定配信となりますのでご注意ください。

  • 会場

    ご自宅や診療室(インターネット経由)

  • 費用

    12,960円(税込)

    *全6回コースをお申し込みの場合は64,800円(税込)
    *コース受講は別ページよりお申し込みください

  • 対象

    歯科医師、歯学部生、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    エンド、顕微鏡(マイクロ)・レーザー、学会・スタディーグループ、歯科全般・その他

ライブ申込み
シェア
LINEで送る