デモ / 実習
◆筋肉走行と調和した義歯の調整実習
◆松本先生メソッドでのインプラント体埋入デモ
◆アタッチメントの装着実習

義歯治療を成功に導く臨床テクニックの大きな要素として、印象採取と咬合採取はどうしても避けられないテクニックですが、これらには法則性があります。印象テクニックにおいては、生理学に対応した選択圧印象採取がきちんと行われていること。そして、咬合採取においては、検査を確実に行い診査診断に基づいてCR(中心位)とCO(中心咬合位)の一致が見受けられることを確認した上で、その咬合位にてICP(咬頭嵌合位)が作製されていることがとても重要です。これは、インプラントオーバーデンチャーを作製する場合でも同じで、まずは口腔内で完全に安定する義歯作製を行こと、そしてしっかりとした“設計基準”を持つ必要があります。
また、機能させるという点で鍵を握るインプラント埋入ポジションの診断と配置については、和田精密歯研(株)で販売されているシュミレーションソフト“BioNa”、ガイドシステム“BoneNavi”を組み合わせることで長期的な予後を見据えた配置を導き出すことが可能です。
今回はネオバイオテック社のインプラントシステムについてもご紹介させていただきます。インプラントシステム“IS-Ⅱactive”は、脆弱な骨質、抜歯窩、上顎洞、極度に萎縮した骨など、あらゆるインプラント体の厳しい埋入状況下において強力な初期固定を得ることのできるデザインを有しています。また、埋入圧を分散できるようにスレッドアングルを工夫していること、9箇所にセルフタップを付与させていることにより、下顎前歯部のような硬い骨質に対してのトルクコントロールも考慮されている為、症例に応じての扱いが非常にしやすい点が特徴です。
さまざまな観点から、インプラント体をロストさせないインプラントオーバーデンチャー成功の勘所について、皆さんと一緒に考えて参りたいと思います。

欠損補綴成功の為のAtoZ[2日間コース]

1本の欠損補綴から総義歯まで

  • 日時

    1月25日(土)14:00〜19:00
    1月26日(日)10:00〜16:30

  • 会場

    AP名古屋6F PQルーム
    愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル6F

  • 費用

    歯科医師 55,000円(税込)
    同伴スタッフ 22,000円(税込)

    ※実習模型をお持ち帰りいただけます

  • 定員

    50名

  • 対象

    歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    義歯、口腔外科・インプラント・歯科麻酔

申込み
シェア
LINEで送る