全国に歯科医院は約68,000件。コンビニよりも多い時代に突入しているのが歯科医院です。倒産までいかずとも経営難での廃業は多く、年間1,600件前後の歯科医院が廃業していく中で常に発展し続ける歯科医院が存在するのも事実。歯科業界で高い業績と良好な人間関係を築き、発展し続ける歯科医院の経営に必要な3つのポイント(マインド・ナレッジ・スキル)について、3名の歯科医療現場での成功実例をもとにアチーブメントテクノロジーと選択理論®心理学の有用性についてお伝えいたします。

辻󠄀 紗耶加
一般財団法人日本プロスピーカー協会/認定ベーシックプロスピーカー/JPSA奈良支部支部長/株式会社ボーテ共同代表
20歳の時にアチーブメントの研修に出会い、28歳で歯科衛生士として歯科医院を開業すると目標設定。様々な生い立ちがある中で、両親との関係性も改善し、自己愛の大切さに気づく。「愛、感謝、希望」を理念におき、チャレンジした結果28歳で目標達成。「確かな技術と信頼できるサービスを提供し口元から健康と美しさをサポートする」という医院理念を元に治療は一切行わない審美予防専門クリニックを開業。現在はクリニック2店舗の経営の傍ら、全国のクリニックで研修を行い、「あなたには価値がある」というメッセージを元にアチーブメントテクノロジーと選択理論心理学を伝え続けている。

安岡 大志
一般財団法人日本プロスピーカー協会/認定ベーシックプロスピーカー/JPSA北大阪支部所属/医療法人翼翔会 理事長
大阪府で医療法人翼翔会を創業。治療の技術力を軸に16名2.6億まで業績を伸ばすも、その後スタッフの定着に悩む経験を持つ。受講後、選択理論に可能性を感じ、理念経営に舵を切る。理念の再構築、チーフ育成、新卒採用など、理念を基軸とした各種施策を通じて組織風土が大きく変化し、定着率が向上。現在は、47名7億の組織に成長する。「歯科で人々を幸せに」を理念に技術と経営の統合を追求し、日々研鑽を続けている。2016年よりラジオ番組「安岡大志のビューティスマイル(FMOH)」放映開始。さらに、2020年4月には「アゲ歯(幻冬社)」を出版予定。

南 清和
一般財団法人日本プロスピーカー協会/認定ベーシックプロスピーカー/JPSA北大阪支部所属/医療法人健志会理事長総院長
大学の歯学部を卒業後勤務医を経験し、1990年に初代で新大阪に歯科医院を開業。開業後も高度な学術、臨床をアメリカで学び研鑽し、患者さんの喜び、満足を一番に考え上質な診療を目指した結果、現在2つの医療法人、外来歯科4医院、訪問歯科医院4医院を展開し、全スタッフ130名にて診療を行っている。毎日クリニックにて最前線の治療を実践し、週末は全国で歯科関係者に研修や講演を行っている。2017年1月に『頂点への道®』講座を受講し、スタッフや縁ある人々と物心共に豊かになるよう、医院理念をもとに理と利の統合の経営、情の経営を心がけている。医科歯科業界にはびこる外的コントロールをなくし、良い人間関係を構築する為に内的な動機付けが重要であることを多くの人々に伝えるために活動中。

歯科フォーラム

〜業績を伸ばし続ける歯科医院経営に必要な3つの秘訣〜

  • 日時

    2月27日(木)15:00〜17:15

  • 会場

    アットビジネスセンター大阪本町
    大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング

  • 費用

    3,000円(税込)

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    経営・マネジメント

申込み
シェア
LINEで送る