口腔機能低下症対策に!舌圧向上トレーニング器具のご紹介 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

高齢化に伴い、誤嚥による死亡率が年々高まっており、年代別の死亡原因でも肺炎が 60歳台では5位、70歳台では4位、80歳台では3位、90歳台では2位となっています。 肺炎の主な原因は、嚥下力低下による誤嚥です。 つまり誤嚥を防ぐことが、肺炎の予防に繋がるといえます。

昨年、口腔機能低下症が疾病として位置付けられ、歯科での役割もますます重要になってきています。

『いつまでも、自分の口から、美味しい食事を、楽しく食べたい!』 これは誰もが望むことです。

高齢者が誤嚥性肺炎による苦しみを味わうことなく、自分の口で食べ物を咀嚼しながら、栄養補給をして頂きたい!といった願いから開発されたのが『タン練くん』です。

30年の歯科医院経営を経て、特別養護老人ホームを運営して6年目になります。山間部の特別養護老人ホームへのボランティアを含めると15年の口腔ケアをおこなう中で、多くの方が誤嚥で苦しんだり亡くなるのを見てきました。

何とかならないものかと、研究や試行錯誤を繰り返し、老人用哺乳瓶『タン練くん』を完成させました。

本セミナーでは、『タン練くん』を使用することによる舌圧の向上・誤嚥の防止効果などの お話をさせて頂きます。

口腔機能低下症対策に!舌圧向上トレーニング器具のご紹介

NHKの報道で大反響!

  • 日時

    2月15日(土)15:00〜17:00

  • 会場

    和田精密歯研株式会社 大阪営業所
    大阪市東淀川区西淡路6-1-41 ギコービル8F

  • 費用

    3,300円(税込)

  • 定員

    20名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    高齢者歯科・訪問歯科、歯科全般・その他

申込み
シェア
LINEで送る