歯周病を全身感染症として捉える時代となりました。日本アンチエイジング歯科学会では、今まで「歯周病」と「糖尿病」 の関連性についてのセミナーを開催して参りました。今回は、 それに加え歯周病との関連性が解明されてきた「認知症」にも スポットを当て実績のある4人の講師をお招き致しました。この秋、皆様方に歯周病と全身疾患について医歯連携の重要性を学ぶスペシャルな1日となることをお約束いたします。
コーディネーター 坂本 紗有見(当会常任理事)

Program
「なぜ歯周病菌は、糖尿病やアルツハイマー病を引き起こすのか?」西田亙先生 (糖尿病専門医・にしだわたる糖尿病内科院長)
「認知症専門医が教える!脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!」 長谷川嘉哉先生(認知症専門医・医療法人ブレイン理事長)
「歯科でできる糖尿病療養指導」 原瀬忠広先生(愛媛県糖尿病協会理事・医療法人原瀬歯科医院理事長)
「口腔―腸 マイクロバイオーム相関から見える未来」 辻村傑先生(医療法人社団つじむら歯科医院理事長・IDHA 国際歯科衛生士学会会長)

歯科医が感染症医となる日

医歯連携〜最新健康三大トピックス〜
歯周病を全身感染症として捉える時代の到来
「歯周病」「糖尿病」「認知症」〜その関連性を探る〜

  • 日時

    10月27日(日)9:25〜17:00

  • 会場

    ビジョンセンター新宿 5F Vision Hall
    東京都新宿区新宿5-17-11 白鳳ビル5F

  • 費用

    歯科医師(会員)12,000円
    歯科医師(会員外)15,000円
    コデンタル・一般(会員)8,000円
    コデンタル・一般(会員外)10,000円

  • 定員

    200名

  • 対象

    歯科医師、歯学部生、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    ペリオ、高齢者歯科・訪問歯科、学会・スタディーグループ

申込み
シェア
LINEで送る