加盟数200院突破記念 ホワイトエッセンス 導入セミナー 2019-2020年版

3つの強化がかなう
(1)予防・審美による自費収益力
(2)スタッフの採用力と教育力
(3)10年後に向けての競争力

セミナーカリキュラム
1. 歯科ニーズと社会環境の変化から考えるニーズが増加していく診療メニューと
  スタッフ採用の成功ポイント
2. 健康者を医院に呼び込み、治療後のメンテナンスを自費化する
  ホワイトエッセンスのビジネスモデルと立地別の期待できる収益
3. 7つのホワイトエッセンス導入事例
4. ホワイトエッセンスで薬事認可を取得、次世代の炭酸型ホワイトニングの可能性
5. 歯のクリーニングを保険から自費に移行させる3つのポイント
6. 予防と審美に関心のある生活者を集め、リピート化していく
  ホワイトエッセンスのマーケティング
7. 院長依存から脱却する採用・教育・マネジメント方法
8. ホワイトエッセンスの加盟条件

7つのホワイトエッセンス導入事例
【case1:ホワイトエッセンス新宿院「挑戦」<映文連アワード 優秀作品賞受賞>】
歯科衛生士がホワイトニングや自費クリーニングで年間4億円の自費報酬を上げる医療法人。
受付スタッフのリーダーシップと新人スタッフがデビューするまでの成長ドキュメント。

【case2:自費で自由な時間を増やす <神奈川県横浜市の医院>】
自費収益の高まりとともに、院長に自由な時間が増えていった。
どうやってそれを成しえたのか?

【case3.真の幹部を輩出できる医院へ <大阪府岸和田市の医院>】
圧倒的な繁盛医院でありながら、院長の長時間労働によって成り立っていた。
真の幹部を育てることで診療時間の短縮に成功。

【case4.クライアントとスタッフの笑顔を増やす <北海道北広島市の医院>】
医院規模を拡大すると幸せになれると思っていたが、真逆の感情と向き合う日々。
次に目指したのは笑顔創造であった。

【case5.クリーニング自費化への道 <山口県岩国市の医院>】
保険メンテナンスの罪悪感から脱却して自費化を決意。
どうやって自費のクリーニングに切り替えることができたのか。

【case6.人材成長を加速させる院内練習 <滋賀県高島市の医院>】
院内練習をスタッフ任せではなく、院長が積極的に関わった。
短期間でスタッフの技術力が飛躍的に向上。
一体、どのような練習プログラムを実践しているのか。

【case7.予防で成功させる鍵は「気持ちよさ」 <大阪府堺市の医院>】
教育啓蒙的クリーニングから気持ちよく通えるクリーニングへ。
その秘訣は技術力ではなく、院長のマネジメント力にあった。

審美と予防を柱にした医院経営セミナー

加盟数200院突破記念

  • 日時

    9月1日(日)11:30〜17:15
    9月8日(日)11:30〜17:15
    9月29日(日)11:30〜17:15

  • 会場

    ホワイトエッセンス株式会社セミナールーム
    東京都渋谷区渋谷3丁目12-18 渋谷南東急ビル11階

  • 費用

    無料

  • 定員

    9月1日、8日 各15名
    9月29日 30名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    経営・マネジメント、歯科全般・その他

申込み
シェア
LINEで送る