米国にはクラシックリトレチャーと呼ばれる、誰もが認める歴史上の重要文献が存在します。これが各専門分野の臨床術式を支えるエビデンスの根幹を形成しています。今回は、杉田が米国で収集した2000本を越える論文の中から「1口腔単位の診断」をテーマに30本を厳選し、解説しました。FBグループに参加することで

・文献リスト、各論文の日本語サマリ、解説記事
・コメント欄を通じた参加者とのディスカッション

を全て読むことができるようになります。英語文献ではなく、日本語サマリーをテキストとして使用するため、英語を使う必要は一切ありません。ですので、英語に不安がある方でも安心してご参加いただけます。ただし、著作権の関係で、英語文献そのものの配布はありませんので、文献本体をご希望の方はリストを元に収集していただく形になります。
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。

米国補綴専門医・杉田と学ぶ重要文献50選 1口腔単位の診断

Sugita Study Club Classic Literature Review

  • 日時

    前期:2019年7-12月
    後期:2020年1-6月

  • 会場

    Facebook

  • 費用

    $100

  • 対象

    歯科医師、歯学部生、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    保存修復、エンド、咬合・補綴、歯科全般・その他

申込み
シェア
LINEで送る