米国にはクラシックリトレチャーと呼ばれる、誰もが認める歴史上の重要文献が存在します。これが各専門分野の臨床術式を支えるエビデンスの根幹を形成しています。今回は、杉田が米国で収集した2000本を越える論文の中から「1口腔単位の診断」をテーマに50本を厳選し、解説を試みます。

・毎週月曜日の早朝に杉田がA4 3-4枚からなる日本語サマリー及び該当論文の解説記事をFacebookに投稿します。
・参加者の方にはこれをお読みいただいて、コメント欄を通じてディスカッションを行います。質問には必ず杉田がお答えします。
・日本語サマリーをテキストとして使用するため、直接英語論文を読む必要はありません。ですので、英語に不安がある方でも安心してご参加いただけます。ただし、著作権の関係で、英語文献そのものの配布はありませんので、文献本体をご希望の方はリストを元に収集していただく形になります。

なお、本講習会で得た利益の一部は、将来有望な若手歯科医師を海外に送り出すための奨学金基金の設立のために充てたいと思っております。日本の歯科をより豊かなものにするために、皆様のご支援、よろしくお願い申し上げます。

米国補綴専門医・杉田と学ぶ重要文献50選 1口腔単位の診断

Sugita Study Club Classic Literature Review

  • 日時

    前期:2019年7-12月
    後期:2020年1-6月

  • 会場

    Facebook

  • 費用

    $100 / 各期

  • 対象

    歯科医師、歯学部生、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    保存修復、エンド、咬合・補綴、歯科全般・その他

申込み
シェア
LINEで送る