義歯臨床を進めていく上での大きな悩みのひとつに装着後の「痛い、外れる」があります。 多くは急患で来院されますし、処置に時間がかかることもまれではありません。また、うまく収まらないと術者にとっても大きなストレスになります。
なぜ、うまく収まらないのか。それは「痛い、外れる」の根本的な原因を知ることがなく、単に痛いというところだけ削合したり、裏装だけで解決しようとしたり、クラスプを締めてその場限りの処置をしようとするからです。
今回は保険診療という経済的にも時間的にも制約された範囲の中で、総義歯やパーチャルデンチャーの装着後の「痛い、外れる」に対する処置方法について、ムービーを多用しながら解説しようと思います。

[録画配信]保険診療で考える痛くない外れない入れ歯作り

  • 日時

    8月29日(木)20:00〜22:00

    *すでに開催は終了していますが、録画配信でご参加いただくことが可能です。
    *9月30日(月)の24:00までの期間限定配信となりますのでご注意ください。

  • 会場

    ご自宅や診療室(インターネット経由)

  • 費用

    9,720円(税込)

  • 対象

    歯科医師、歯学部生、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手・その他

  • 内容

    義歯

ライブ申込み
シェア
LINEで送る