山田 尋士

歯科医師・歯学博士
1991年 大阪歯科大学 卒業、大阪歯科大学歯科矯正学講座 入局
1996年 大阪歯科大学歯科矯正学講座 専攻生、ヤマダ矯正歯科 開設(大阪府泉大津市)
2003年 学位取得
2005年 山西医科大学(中国)客員教授
2008年 大阪歯科大学矯正学講座 非常勤講師
2011年 奈良県歯科医師会立奈良歯科衛生士専門学校 非常勤講師
2017年 大阪府歯科医師会附属歯科衛生士専門学校 非常勤講師

日本矯正歯科学会 認定医/専門医、日本成人矯正歯科学会 認定医/専門医/指導医、日本舌側矯正歯科研究会 認定医、日本臨床矯正歯科医会、日本顎変形症学会、日本口蓋裂学会、日本歯科審美学会、日本顎関節学会、大阪歯科学会、日本歯科医学会、近畿東海矯正歯科学会、American Association of Orthodontists (AAO) 、World Federation of Orthodontists (WFO) 、World Society of Lingual Orthodontics (WSLO) 、アレキサンダー研究会 、近畿矯正歯科研究会






大阪歯科大学卒業、卒業後は同大学で5年間にわたり歯科矯正の研究・研修に従事し、1996年に大阪府泉大津市にて歯科矯正専門の医院を開業する。日本矯正歯科学会認定医・専門医、日本成人矯正歯科学会認定医・専門医・指導医を取得。CT、スキャナ、3Dプリンタなどの新しい技術に着目した「3Dデジタルを取り入れた矯正治療」で講演や寄稿を行う。矯正治療は、負担のかかる治療であり、子供には、取り外しができる装置、大人には目立たない歯の裏側に付ける装置など患者様に掛かる負担をできる限り軽減できるよう努めている。