松田 博之
歯科医師・米国インプラント学会専門医
<経歴>
2004年:日本歯科大学 卒業
2005年:日本歯科大学附属病院口腔外科
2013-2015年:ロマリンダ大学インプラント科
2015年:亀田総合病院 歯科口腔外科

<所属>
日本口腔外科学会(認定医)
日本有病者歯科学会(認定医)
米国インプラント学会(専門医)
日本顎変形症学会
日本口腔インプラント学会
日本顎顔面インプラント学会
卒業後、口腔外科を専門としたキャリアを歩む。2013年よりロマリンダ大学インプラント科に在籍し、Fellowship(臨床プログラム)を専攻し様々なインプラント関連手術や補綴治療を経験する。同時に研究・学会発表も積極的に行い、国際学会での受賞を経験する。帰国後は、学んだことの日本社会へ還元・日本からの情報発信を新たなキャリア目標とし、亀田総合病院に入局する。2016年には米国でインプラント分野最大の学会であるAcademy of Osseointegrationでの発表において最優秀賞を受賞する。補綴と歯周治療を軸とした治療計画とそれを具現化する手術が患者にとっても臨床家にとっても大切なリスクマネージメントであると考えている。

記事