寺中 智

歯科医師・歯学博士
2003年 神奈川歯科大学 卒業、東京医科歯科大学大学院高齢者歯科学分野 入局
2007年 同大学院 修了、スペシャルケア外来 医員
2009年 高齢者歯科学分野 特任助教
2010年 スペシャルケア外来・摂食リハビリテーション外来 医員(両兼任)
2013年 足利赤十字病院リハビリテーション科 勤務

日本老年歯科医学会 専門医/指導医/代議員
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
東京医科歯科大学 臨床研修歯科医指導医
東京医科歯科大学 非常勤講師
AHA認定 BLS/ACLS/プロバイダー
摂食嚥下リハビリテーションと高齢者歯科について興味を持ち卒後、東京医科歯科大学大学院高齢者歯科学分野の門をたたく。そこで小林賢一先生、水口俊介先生(現 高齢者歯科学分野教授)、戸原玄先生に師事。また、外勤先であった高橋登先生に補綴・審美歯科、訪問歯科診療についてもお世話になる。その他、石井歯内療法研修会、SJCDなどのPerio micro surgeryの研修を修了。医員~助教時代は、臨床研修医に専門の高齢者歯科と摂食嚥下リハビリについて指導を行い、現在も非常勤講師として研究・教育・学会活動を続けている。足利赤十字病院リハ科にて入院患者さんのニーズに可能な限り応えるため日々研鑽する。病院歯科における歯科の必要性について、他病院へ拡大できるように目指す。