西 大輔

精神科医・産業医
2000年 九州大学医学部 卒業
2006年 国立病院機構災害医療センター 精神科 科長
2012年 国立精神・神経医療センター 精神保健研究所 室長
2018年 東京大学大学院 医学系研究科精神保健学分野 准教授
これまで、交通外傷患者、自殺未遂者、災害救援者、妊婦、労働者などさまざまな集団を対象としたコホート研究やランダム化比較試験に携わってきました。
主な専門領域は、精神保健疫学です。また、精神疾患の発症予防や回復を考える上での鍵概念であるレジリエンスに関する研究も行っています。
すべての研究に共通するテーマは「予防」で、うつ病や不安障害の予防に貢献できるような研究にこれからも取り組んでいきたいと思っています。