長谷川 嘉哉

医師・認知症専門医
1990年 名古屋市立大学医学部 卒業
2000年 認知症専門外来および在宅医療の実践のため岐阜県土岐市で開業
医科歯科連携の最前線に立つ認知症専門医師。祖父が認知症であった経験から、患者さんのご家族の立場に立った専門医療を提供する。土岐内科クリニックでの診療に加えて、訪問診療を積極的に行っており開業以来5万件以上の訪問診療と、500件以上の在宅看取りを実践するなど、在宅生活を医療介護福祉のあらゆる分野で支えるサービスを展開している。講演・執筆多数。