稲葉 繁

歯科医師
1964年 日本歯科大学 卒業
1968年 日本歯科大学大学院 修了
1969年 日本歯科大学 歯学部 補綴学教室 講師
1972年 日本歯科大学 歯学部 補綴学教室 助教授
1978年 西独チュービンゲン大学 留学
1992年 日本歯科大学歯学部高齢者歯科学 教授
1999年 日本歯科大学歯学部補綴学第3講座 教授

一般社団法人 IPSG包括歯科医療研究会 最高顧問
日本老年歯科医学会 名誉会員
日本顎咬合学会 評議員
日本総合口腔医療学会 会長
カボデンタルアカデミー プリンシパル
トゥースフレンドリー協会 理事
入れ歯先進国ドイツのリーゲルテレスコープを初めて日本に紹介し、これまでに1000症例以上の治療と多数の学会発表を行う。日本顎咬合学会では、難症例にも対応できる上下顎同時印象法による総入れ歯の製作方法を紹介。
また、自身が代表を務めるIPSG包括歯科医療研究会は、「医療には最善の方法が実行されるべきである」という信念のもと、海外で直接、著名な先生から指導を受けた確かな技術を日本の歯科医師に正しく広めるために活動している。