岡本 浩

歯科医師
1968年 日本歯科大学 卒業、アメリカ空軍病院府中デンタルクリニック 勤務
1972年 ロンドン大学イーストマン病院歯周病学教室 留学
1973年 スウェーデン イェテボリ大学歯周病学教室 留学
1977年 日本歯科大学歯周病学科 講師
1982年 日本歯科大学歯周病学科 助教授
1991年 奥羽大学保存学歯周病科 教授
2011年 TOKYO歯周治療センター 開設

日本歯周病学会 指導医
日本歯科保存学会 理事
AFD 専任顧問
近代歯周病学のベースであるスカンジナヴィア歯周病学を日本に紹介したパイオニアとして、また、世界共通の歯周病学のテキストブックであるJan Lindhe著『Thextbook of Clinical Periodontology』の初版より4版の日本語版監訳者として活躍。
牛久における長期にわたる一連の疫学調査は、日本の歯科事情を初めて科学的に捉えた国際論文として世界的に高い評価を得ている。
また、徹底したプラークコントロール、歯周外科などの多くの歯周治療症例と長期のメインテナンス症例を科学的に追跡する臨床家としても著名である。