会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

今から始める外科学総論に基づいたインプラント外科 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

今から始める外科学総論に基づいたインプラント外科の画像です
本書は、口腔外科学総論に基づいたインプラントの手術法について解説されたものである。もちろん、インプラント手術のみならず、一般的な口腔外科手術の際に必要とされる、メスの持ち方、縫合法、使用する器具・機材についても言及されており、その内容は多岐にわたっている。これからインプラント治療を始める、あるいは基礎知識の再確認をするのに適した一冊となろう。
第1章 インプラントに関する外科学総論
坂下英明
1.外科医の心得
2.術前評価
3.手術計画(術前投薬)
 [1]不眠・不安の除去のための投薬
 [2]抗菌剤投与
4.手術の準備
5.術後管理
6.インフォームド・コンセントとインフォームド・チョイス
7.創傷治癒とインプラント創の治癒
 [1]創傷治癒の型…13
 [2]創傷治癒遅延の臨床的危険因子
8.骨移植の特殊性
9.骨移植の種類
 [1]新鮮自家骨片
 [2]新鮮自家骨髄海綿骨細片
 [3]血管柄付き骨移植
10.遊離骨移植の種類
11.移植母床の平均的必要量
12.移植骨の平均的採骨量



第2章 外科基本手技と器具
坂下英明
1.手術の場の整備と術野の消毒
 [1]手術環境
 [2]術野の消毒
2.手洗い法(ブラッシング)
3.ガウンテクニック
4.ドレーピング
5.患者の体位
6.手術の原則
 [1]明視野の確保
 [2]止血
 [3]無菌的操作
 [4]愛護的な組織の取り扱い
 [5]死腔の防止
7.術野到達法
8.基本的器械
 [1]一般の器具
 [2]骨の手術に必要な器具
9.切開法、剥離法、骨削法
 [1]メスの運用法
 [2]減張切開
 [3]剥離法
 [4]骨削法
10.縫合針・糸の扱い方と持針器の持ち方
11.縫合針の刺入
12.結紮法と縫合法
 [1]結紮法
 [2]縫合法
 [3]縫合終了時の状態
12.止血法と抜糸法
 [1]永久的止血法
 [2]一時的止血法
 [3]抜糸法


第3章 インプラント埋入の基本的手技
坂下英明/福田正勝
1.インプラントの術前計画
 [1]トップダウントリートメントと診療計画
 [2]診療計画の参考とすべき各種の分類
2.インプラントの埋入手技
 [1]埋入法
 [2]消毒および麻酔
 [3]粘膜骨膜弁の形成
 [4]埋入窩の形成
 [5]フィクスチャーの埋入
 [6]縫合処置
 [7]インプラント埋入時の縫合
 [8]インプラント埋入時の止血



第4章 インプラントのための骨造成手術
坂下英明/堀内裕子
1.骨造成のための前提条件
 [1]骨造成術の適応症
 [2]抜歯とインプラント埋入の時期の関係
2.骨造成の種類
 [1]GBR(骨誘導再生:Guided Bone Regeneration)
 [2]遮蔽膜の支持法
3.骨移植術
 [1]インプラント体の部分的露出部への骨移植
 [2]外側骨移植
 [3]内側骨移植
 [4]中間骨移植
 [5]移植骨の採取部位と採取術式


第5章 インプラントのための特殊器具
坂下英明
1.サイナスリフト(上顎洞底挙上術)時の器具
2.ソケットリフト(床アプローチ法)時の器具
3.スプリットクレスト法(リジッドエクスパンジョン法、ボーンエクスパンジョン、歯槽頂分割法)
4.ボーンスプレダー法
5.骨移植時の器具
6.プレートの使用法


第6章 局所麻酔法
重松久夫
1.局所麻酔の基礎知識
 [1]知っておきたい局所麻酔薬の基礎知識
 [2]局所麻酔薬および添加物に関する使用上の注意
 [3]解剖
2.局所麻酔法の種類
 [1]表面麻酔法
 [2]浸潤麻酔法
 [3]伝達麻酔法
3.上顎神経の伝達麻酔法
 [1]眼窩下孔注射法
 [2]上顎結節注射法
 [3]大口蓋孔注射法
 [4]切歯孔注射法
4.下顎神経の伝達麻酔法
 [1]下顎孔注射法
 [2]Gow Gate法
 [3]オトガイ孔注射法
5.局所麻酔施行時の重要事項
 [1]解剖学的形態の理解
 [2]使用する局所麻酔薬の選択と患者への適切な評価
 [3]無菌的処置や消炎処置の徹底
 [4]局所麻酔薬注入前の注射器の吸引
 [5]無痛的処置の徹底
 [6]精神的ストレスへの配慮と不快事項発生への対策
6.局所麻酔時の合併症とその対処法
 [1]局所の合併症
 [2]全身の合併症


第7章 インプラント手術時の精神鎮静法の応用
鈴木正二
1.精神鎮静法の目的
2.精神鎮静法
3.精神鎮静法に準備するもの
 [1]モニター
 [2]笑気吸入鎮静器
 [3]点滴台
 [4]血管確保関係の器具・材料
 [5]静脈内鎮静法に使用する薬品
 [6]救急薬品・器具
 [7]記録用紙
4.精神鎮静法の禁忌
 [1]笑気吸入鎮静法の禁忌
 [2]静脈内鎮静法の禁忌
5.精神鎮静法の実際
 [1]患者への説明と同意
 [2]当日来院時の評価
 [3]血管確保
 [4]鼻カニュラの装着
 [5]モニターの装着
 [6]笑気吸入鎮静法
 [7]ミダゾラムの投与
 [8]フルマゼニルの投与
 [9]精神鎮静法時の呼吸管理
 [10]精神鎮静法時の循環管理
 [11]帰宅の条件
 [12]歯科医師の責任


第8章 インプラント治療と顎関節
宮本日出
1.顎関節の特徴と診査
 [1]顎関節の特徴
 [2]顎関節の診査
2.インプラント治療計画における顎関節
 [1]年齢と顎関節
 [2]歯の喪失と顎関節
 [3]顎関節症
3.顎関節を考慮したインプラント設計
 [1]歯牙欠損数
 [2]歯牙欠損部位
4.顎関節の予後
5.インプラント治療により顎関節に異常をきたした症例


第9章 インプラント偶発症(合併症)
馬越誠之
1.偶発症
2.偶発症の種類
3.偶発症の症例
 [1]de novo発癌に遭遇した症例
 [2]術前の問診の重要性を再認識させられた症例
 [3]知覚異常
 [4]外科的手技に起因した神経損傷(1)
 [5]外科的手技に起因した神経損傷(2)
 [6]フィクスチャーの上顎洞内迷入
4.偶発症の対処法



参考文献

索引

今から始める外科学総論に基づいたインプラント外科

  • 著者

    坂下 英明
    鈴木 正二
    重松 久夫
    福田 正勝
    馬越 誠之
    宮本 日出
    堀内 裕子

  • 出版社

    クインテッセンス出版

  • ページ

    120ページ

  • サイズ

    A4変型判

  • ISBN

    978-4874179253

  • 価格

    8,250円(税込)

買い物かごに入れる