国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

2022年保険改定対応 かかりつけ歯科医のための口腔機能低下症入門 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

2022年保険改定対応 かかりつけ歯科医のための口腔機能低下症入門の画像です
よりわかりやすく、使いやすくなった口腔機能低下症の新バイブル!

保険収載されて4年が経過した「口腔機能低下症」。2022年4月の保険改定では、算定対象を65歳以上から50歳以上に拡大し、今後は適用する機会が増えると思われます。口腔機能低下症は、う蝕や歯周病のみならず、加齢や全身疾患、薬剤の副作用などによっても修飾され、複雑な病態を呈することが多く、診断する歯科医師には幅広い知識が求められます。
本書では、超高齢社会における口腔機能低下症やオーラルフレイルの考え方から、診断の基本となる7つの検査項目、そして診断後の対応までを徹底的に解説しています。
1 章 口腔機能低下症とは
・「口腔機能低下症」への対応が求められる時代背景
・健康長寿の鍵は“食力” 人生100年時代におけるオーラルフレイル予防 他

2 章 口腔機能低下の診断基準となる7項目
・口腔衛生状態不良
・口腔乾燥
・咬合力低下
・舌口唇運動機能低下 他

3 章 口腔機能低下症の管理と多職種連携
・「口腔機能低下症」の患者管理と再評価の流れ
・訪問歯科診療における取り扱い
・低栄養の診断方法とその対応
・口腔機能管理における歯科衛生士の役割  他

4 章 保険診療での検査と口腔機能管理
・保険算定時のポイント
・効率的な検査・管理法

2022年保険改定対応 かかりつけ歯科医のための口腔機能低下症入門

  • 著者

    一般社団法人日本老年歯科医学会
    水口 俊介
    佐藤 裕二
    櫻井 薫

  • 出版社

    株式会社デンタルダイヤモンド社

  • ページ

    136ページ

  • サイズ

    B5判

  • ISBN

    978-4885105388

  • 価格

    6,930円(税込)

買い物かごに入れる