骨太の方針2018 医科歯科連携への呼び水 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

医療であれ、農業であれ、工業であれ、日本において経済活動を行う上で無視することができないのが国家の方針である。その方針は、年に1度「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる骨太の方針にて示される。
 
2017年の骨太の方針において、国が社会保障の枠組みの中において、口腔と全身との関係性を認め、歯科検診・口腔ケアの充実を推進するとはっきり意思表明したことは記憶に新しい。
 
そして2018年6月15日に、新たに閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018~少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現~」において、歯科医療領域において新しい一文が付加された。
 

口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者や要介護者をはじめとする国民に対する口腔機能管理の推進、地域における医科歯科連携の構築など歯科保健医療の充実に取り組む。

 
太文字部分が…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー