園田央亙先生『自衛隊歯科医官として国家に貢献する』 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

園田央亙先生は東京医科歯科大学卒業後、防衛省海上自衛隊の歯科医官としての道に進みました。現在は海上自衛隊が持つ歯科に関しての膨大なデータを日本の歯科医療に役立てるための分析と研究を行っています。
 
 
ダイジェスト

 
 
海上自衛隊に入隊した理由
学生時代から、日本の歴史が好きでした。特に幕末の時代が好きで、自分と同じくらいの年代の志士たちが日本を変えるという姿に感銘を受けていました。彼らと同じように国に対して、小さくてもいいから僕が何かできることはないかと思っていた時期があります。
海上自衛隊の歯科というものがあり、募集していることを知ってすぐ受験の意思表示をさせていただいたという経緯です。
 
 
研修医時代
まずは幹部候補生として任官されます。そして、広島県の江田島にある幹部候補生学校に約2ヶ月間滞在して研修を受けます。
同僚のミスがあったら皆でフォロー…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

0825_2の画像です