平成30年度歯科診療報酬改定の読み方〜厚労省の狙いはどこに?シリーズ②〜 / 康本 征史 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

皆さんこんにちは。ディーアソシエイツの康本征史です。今回のシリーズでは、「平成30年度歯科診療報酬改定の読み方」と題し、今春行われた保険改定について厚生労働省の発行する行政資料をもとに、その行間を読み解いていきます。
 
前回では、資料の概要部分から国が考える前提を解説しました。 平成30年度歯科診療報酬改定の読み方〜厚労省の狙いはどこに?シリーズ①〜
 
今回は、そこから一歩進んでどのような施策を国が検討しているのか見ていきましょう。
 
厚労省の資料から重要なKeywordを康本的に抽出!
平成30年度診療報酬改定の概要 歯科(厚生労働省)
 
平成30年度診療報酬改定の概要として、4つの大項目が挙げられていますが、 歯科に関することは4点(赤字)のみです。
1)かかりつけ歯科医の機能の評価
2)周術期等の口腔機能管理の推進
3)質の高い在宅医療の確保
4)口腔疾患の重症化予防、口…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

康本 征史の画像です

康本 征史

歯科医師

医療法人社団感・即・動 理事長
康本塾塾長・株式会社ディーアソシエイツ 顧問

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_3の画像です