大腸がんの発がんに歯周病菌F.nucleatumが関与の可能性 横浜市大
ニュース 2018/07/04

大腸がんの発がんに歯周病菌F.nucleatumが関与の可能性 横浜市大

WHITE CROSS編集部
横浜市立大学は6月28日、大腸がん患者の患部組織と唾液から Fusobacterium nucleatum(F.nucleatum)を分離・解析した結果、4割以上の患者でがん組織と唾液に共通した菌株が存在していることを発見したと発表した。
 
この研究は、同大の学術院医学群肝胆膵消化器病学・日暮琢磨診療講師と、協同乳業株式会社の松本光晴主幹研究員らの共同研究グループによるもの。
研究の流れ(画像はプレスリリースより)
次世代型DNA…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー