世界保健機関(以下、WHO)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関であり、健康に関わる様々な統計を有している。

 

その中で、国別の人口1,000人当たりの歯科医療従事者数のデータがある。

 

WHOのホームページへ

 

こちらの地図では、歯科医療従事者数の密度が高い国が濃い色、低い国が薄い色で表示されている。WHOに加盟している国の93%の情報が掲載されており、ロシアやベトナムなどについては、情報提供がなかったため掲載されていない。

 

歯科医療従事者の定義だが、日本のデータで見てみると歯科医師を基準にしており、米国のデータで見てみると歯科医師と歯科衛生士を基準にしているようで曖昧さがある。世界には歯科医師、あるいは歯科衛生士が国家資格とされていない国も数多くあるため、一つの基準で判断するのが難しいということであろう。

 

データに曖昧さがあれど情報が掲載されてる国において、日本は第28位であった。基準の異なる中での大まかな推計とはいえ、日本は世界的に見ると人口当たりの歯科医療従事者は多い方ではあるが、トップ10には入っていないことがわかる。

 

それでは、世界で最も歯科医療従事者数の密度が高い国はどこだろうか?

 

ニウエ 世界一歯科医療従事者密度が高い国

堂々の第1位はニウエで、人口1,000人当たり2.454人となっている。

ん?・・・ニウエ? どこ?

となる方も多いのではなかろうか。 

 

 

ニウエは、ニュージーランドの北東、トンガの東、サモアの南東にある島国である。石垣島よりちょっと大きいサイズの島に、1,600人程度の人々が暮らしている。1974年に建国した、世界的にも指折りの若い国である。

 

 

出典: YouTube_Niue Island Tourism Promotional

 

映像を見てみると、大自然が魅力的な穏やか国という印象である。約1,600人で、人口1,000人当たり2.454人ということは、おそらく4名の歯科医療従事者がいるということであろう。

 

WHITE CROSSでは、インターネットやニウエの観光紹介ページなどで、歯科医院の情報を探したが残念ながら見つからなかった。

 

小さな国の、小さな診療所での日々はどのようなものであろうか。そこに最新の歯科医療機器や材料がなくても、ゆったりとした空気の中で歯科医療が提供されているのであろう。

 

 

出典: WHO_Density of dentistry personnel (total number per 1000 population, latest available year)

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

生田セミナーの画像です

生田セミナー

日時
[名古屋]
10月27日(日)

[東京]
12月1日(日)

[仙台]
9月8日(日)

[広島]
11月3日(日)

※ 全日程 10:00〜16:00
会場
名古屋・東京・仙台・広島
費用
新規受講 86,400円(税込)
再受講A 32,400円(PCR会員)
再受講B 21,600円(PCR会員)
院長の命を守るゆるふわ歯科医院経営術の画像です

院長の命を守るゆるふわ歯科医院経営術

日時
[大阪]
9月1日(日)

[東京]
11月10日(日)

[福岡]
10月6日(日)

※ 全日程 10:00〜16:30
※ 前日 20:00〜 会場周辺にて懇親会有り
会場
大阪・東京・福岡
費用
受講料 35,000円(税別・スプリント作成1症例付き)
懇親会 5,000円(税別)