口腔がん細胞に高発現する分子に対する新しい標的薬を開発 東北大・徳島大 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

東北大学は4月26日、ヒト口腔がん細胞に高発現する糖タンパク質のポドカリキシンに対して、がんの増殖を抑制する抗体を作製することに成功したと発表した。
 
この研究は、同大未来科学技術共同研究センター/同大学大学院医学系研究科抗体創薬研究分野の加藤幸成教授らの研究グループが、公益財団法人微生物化学研究会や、徳島大学大学院医歯薬学研究部の西岡安彦教授・阿部真治助教の研究グループ、東京医科歯科大学顎口腔外科学の原田浩之教授・板井俊介歯科医師の研究グループと共同で行ったもの。
 
いまだ困難な創薬の標的分子の同定
近年のがん治療においては、原因や性質の異なる患者に最も適切な治療法を選択し、より高い効果の治療を実施できるようになっている。
疾患の原因となる分子のみに作用する薬は「分子標的薬」と呼ばれ、昨今の医薬品開発においては、「抗体医薬」をはじめとする分子標的薬の開発が活発に進められ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー