日本歯科医療 この1年を紐解く / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

3月5日に、厚生労働省から2018年の診療報酬改定が発表され、早1月が経った。診療報酬改定は、皆保険制度に大きく立脚する日本の歯科医療界にとって影響が大きく、毎回注目を集めている。歯科医療が正しく、そして幅広くその価値を国民に提供していくには、あるべき歯科医療の姿を医療制度に反映できるかどうか。さらに言うなら診療報酬に反映できるかによるところが大きい。ここに置いて、政策の窓口となる日本歯科医師会や、政治の窓口となる日本歯科医師連盟の重要性は推して知るべきことであろう。歯科医療を含めた医療の政策を司るのが厚生労働省の医政局である。厚生労働省にはこのほかにも、労働基準局や年金局など様々な局があり、それぞれの役割を果たしている。この医政局において、高齢化や疾病構造の変化など、21世紀の社会背景に合わせた良質で効率的な医療提供体制の実現に向けた、歯科医療も含めた政策の企画・立案が行われている。
 
骨…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

0825_3の画像です