厚生労働省の2014年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況によると、届け出に基づいた歯科医師数は103,972名。その中、診療所で働く歯科医師数は88,824名である。ひと昔の2000年では、歯科医師数は90,857名。その中、診療所で働く歯科医師数は76,884 名であった。
 
つまり14年間で、開業医・勤務医を合わせた診療所で働く歯科医師数が、約12,000名増加したことになる。その間に、歯科診療所数は約5,000件増加し、ここ数年は68,000件台で推移している。
 
この期間の、2000年を100とした際の歯科診療所数と勤務医数の伸びを見てみると、以下のようになる。
 

長田耕一先生事業承継 第1章「今事業承継が必要とされる2つの要因」より画像引用
 
歯科医院数が108.6であるのに対して、勤務医は145.1となり勤務医として働く道を選択している歯科医師医数が急増していることがわかる。このデータを裏付けるように、歯科医師の新規開業ピ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング