世界初、骨の無機成分と同組成の人工骨が実用化へ。インプラント治療で薬事承認 九州大ら
ニュース 2018/02/19

世界初、骨の無機成分と同組成の人工骨が実用化へ。インプラント治療で薬事承認 九州大ら

WHITE CROSS編集部
九州大学は2月15日、骨の無機成分(低結晶性炭酸アパタイト)と同組成の人工骨「ジーシー サイトランス グラニュール」を開発し、国内では初めて歯科用インプラントの周囲を含む領域でも使用可能な人工骨として薬事承認されたことを発表した(画像はイメージ)。
 
この開発は、同大大学院歯学研究院の石川邦夫教授の研究成果をもとに、科学技術振興機構(JST)と日本医療研究開発機構(AMED)の医療分野研究成果展開事業 研…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー