口腔・咽頭がんの発生リスク、喫煙で最大4.3倍 国立がん研究センター / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

国立がん研究センターの予防研究グループは1月24日、多目的コホート研究「JPHC Study」の成果として、40~69歳の男女約9万6千人を対象とした、喫煙・飲酒と口腔・咽頭がん発生リスクに関する調査結果を発表した。国際がん研究機関(IARC)では、喫煙や飲酒は口腔・咽頭がんの確実なリスクであると報告している。
しかしながら、日本人を対象とする喫煙・飲酒と口腔・咽頭がん罹患リスクとの関係を検証した大規模な研究はほとんど行われていなかった。
 
今回、研究グループは、1990年と1993年に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田(呼称は2018年現在)の11保健所管内に在住だった人々のうち、がんの既往がない40~69歳の男女約9万6千人を、2010年まで追跡調査した。
その結果に基づいて、喫煙・飲酒と口腔・咽頭がん発生リスクとの関連を…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_2の画像です