『ものづくり補助金』という制度をご存知ですか?【最大で1千万円(返済義務なし)】
ニュース 2017.11.29

『ものづくり補助金』という制度をご存知ですか?【最大で1千万円(返済義務なし)】

WHITE CROSS編集部

開業されている先生方は、『ものづくり補助金』という制度をご存知でしょうか。

歯科に対する補助金制度は複数存在しますが、昨今は設備投資やIT化、事業継承などを促進する補助金が多く打ち出されています。

 

今回はファミリーコンサルティング株式会社主催のセミナーより、国が行う、返済義務のない補助金制度『ものづくり補助金』を有効活用するための概要をまとめました。(2017年11月現在。詳細はお問い合わせください。)

補助金制度とは

『補助金制度』とは主に経済産業省が管轄し、厚生労働省や都が行う『助成金』とは区別されることが一般的である。

 

『助成金』は主に雇用環境の整備が問われるため、社会保険労務士へ依頼することが多い。

一方『補助金制度』は国が日本の中小企業支援として行っている施策のひとつで、中小企業診断士などの専門家に依頼することが多い。

そのうち、『ものづくり補助金』の歯科の採択状況(東京都のみの数値)は全業種のうち3.7%を占め、依然として安定的に採択されている。(H28年補正による)

『ものづくり補助金』概要

 

 

『ものづくり補助金』は先述の通り、経済産業省の管轄による設備投資系の補助金で、歯科における補助対象としては主にマイクロスコープや歯科用CT、CAD/CAM、矯正治療におけるシュミレーションソフトウェアなどの大型機器が多い。

 

主となる機械装置費の補助金上限額としては 1,000万円の一般型と、500万円の小規模型(従業員5人以下)に大別され、採択されるためには審査を通らなければならない。

また、『ものづくり補助金』は医療法人は対象外となっている。

 

 

前回公募時のスケジュール

本制度の公募は年に1回のペースで行われており、次回の公募の時期は年明けと予想される。

 

 

採択を受け、実際に補助金を受け取るまでの前回公募時のスケジュールは上記スライドの通りであった。

公募開始から締め切りまでは約2ヶ月であり、その期間に申請に関する必要書類が必要になるため公募開始前から準備をしておくことが得策と言える。

 

実情としては事前の必要な資料に加え、補助事業開始後も各種報告書の作成をしなくてはならない。

また、補助金は補助事業を実施後(報告書提出後)に支払われるため、あらかじめの資金は全額用意しておく必要がある。

このような縛りは存在するが、上限500万円〜1,000万円という補助金は医院にとって大きな魅力といえるのではないだろうか。

 

 

参考資料:「ものづくり補助金」申請書式(抜粋)

 

 

採択率を高めるためのポイント

公募要項には審査項目が明示されており、審査員は項目通りに採点するという。

([参考]前回公募時の審査項目:① 補助対象事業としての適格性 ② 技術面 ③事業化面 ④政策面 ⑤加点措置)

 

よって、項目の詳細を把握した忠実かつ端的に伝わる申請書が求められる。審査員は必ずしも歯科の専門家ではないことがあるため、図表を使った簡単な表現を心掛けることも大切になる。

また、加点措置(経営革新計画・経営力向上計画)も存在するためこれらを有効に活用することがポイントとなる。 

その他の主な補助制度(東京都の場合)

・IT導入補助金

・医療機器産業参入促進助成事業

・事業継承補助金

・経営革新計画(金融措置や助成金など)

・経営力向上計画(税制優遇措置や金融措置など)

まとめ

『ものづくり補助金』は独力で採択することも可能であるが、基本的に歯科のみの補助金ではないため、採択されるには専門家のサポートが必要になる。

つまり、専門家を使った他業種がライバルとなるため、外部専門家を有効活用し歯科に補助金を回すことがクリニック、ひいては歯科業界の発展につながるのではないだろうか。

 

また、各自治体によって様々な補助金や助成金が存在するため、これを機に調べてみることもおすすめしたい。

 

 

中小企業庁『ものづくり補助金』公式ホームページ

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/index.html(外部リンク)

  

[今回参加したセミナー]最新機器導入のために知っておきたい補助金の知識

参加無料。その他の補助金についての詳細や、専門家との個別面談が可能。本記事に関する詳細はファミリーコンサルティング株式会社(担当:森・野沢)までお問い合わせください。

次回セミナー開催日:平成30年1月21日(日)13:00〜

 

 

 

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー