歯科医師にとって最もなじみがある歯科医療機器で、患者さんからみても歯医者さんのイメージの代表格といえば、ハンドピースではなかろうか。
 
歯科医療の歴史を紐解くと、1832年には現在のユニットの原型となるリクライニング型のチェアー、そして1868年には世界で最初の電動ハンドピースが開発された。歯科医療の歴史と共に、ハンドピースの精度は高まり続け、現代の精密治療を可能とする ”名脇役” として…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー