会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

マウスピース矯正のチーム医療とは? 第4回「インビザライン治療における役割とやりがい」 / 穴沢 有沙 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

マウスピース矯正研修講師の穴沢有沙と申します。第4回の今回はインビザライン治療における役割とやりがいについてお話します。
 
 
1.チーム医療での主役とは
インビザライン治療において、スタッフの力は偉大です。もちろん歯科医師がいなくては成り立ちませんが、今までのコラムでも述べたようにインビザラインの成功には患者コンプライアンスが重要です。
一説には治療成功の鍵は、クリンチェックの立案が40%、患者コンプライアンスが60%とも言われます。
 
患者コンプライアンス、そこを担うのがスタッフです。先生が治療計画の立案に専念するためにも、そのほかの物事がスタッフ主導で進めばどれほど円滑か。私が年間400症例以上のインビザラインを手がけていた、大手医療法人で学んだことです。では具体的に、インビザラインにおける治療ステップには、どのようなものがあるのでしょうか。
 
インビザライン治療の流れ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

穴沢 有沙の画像です

穴沢 有沙

歯科衛生士

マウスピース矯正研修講師

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー