歯科医院労務トラブル事例集 第8回「試用期間の注意点」 / 峯岸 陽子 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

みなさん、こんにちは。歯科衛生士で社会保険労務士の峯岸陽子です。
 
本連載では、歯科医院でしばしば見られる労務トラブルについて、事例から学び、その対策について社会保険労務士・歯科衛生士の立場よりご説明させていただきます。
 
第8回のテーマは「試用期間の注意点」です。
 
事例
春山歯科医院の院長春山(仮名)は、慢性的な歯科衛生士不足に悩まされている。そのことが見る目を曇らせて、とんでもない従業員を好待遇で迎え入れてしまうという悪循環に陥っていた。
 
ある日、歯科医師会の他の先生に良いことを聞いた。「 “有期の3ヶ月契約 = 試用期間3ヶ月 “とすれば良い。試用期間中であれば本採用とは異なり、解雇の問題にはならない。」
面接という短時間では難しいが、3ヶ月かけて観察し、うちの医院に向かないと思えば容易く終わりにできるではないか。
早速、その方法で採用した歯科衛生士を3…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

峯岸 陽子の画像です

峯岸 陽子

社会保険労務士・歯科衛生士

フェニックス社労士事務所 代表

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_1の画像です