世界的な市場調査会社であるTechnavioによると、歯科用診断装置・治療器具の世界市場は、2020年まで年率5%で成長すると予測されている。
 
同社のレポートでは、世界的でより多くの患者が、低侵襲の治療や新しいレーザー機器によるう蝕の早期発見、歯周病治療や口腔清掃を求め歯科医院を訪れるようになること。同時に歯科医療教育機関が世界的に増加し、一般歯科医・歯周病専門医などの専門医の数が増加することなどが予測されている。
 
これらの背景として、各国政府や民間組織によるキャンペーンにより、口腔衛生に対する一般的な認知が高まり、その結果、口腔ケアやインプラントへの需要が高まり、より多くの歯科用診断装置・治療器具が必要とされ始めているという。
 
また、近年ではトルコ、ハンガリー、インド、韓国などの国々が、歯科医療観光の受け皿として人気を高めている。
 
日本は、世界第2位の歯科用診断装置・…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー

Digital Dentistry World Tour 2019 in Japanの画像です

Digital Dentistry World Tour 2019 in Japan

日時
10月6日(日)10:00〜16:00
会場
鉄鋼ビルディング 4F ROOM3.4.5
東京都千代田区丸の内1丁目8-2
費用
無料(昼食付)
GPのための超本格矯正講座[2年コース]の画像です

GPのための超本格矯正講座[2年コース]

日時
10月12日(土)9:00〜 全15日間
会場
東京駅近郊
費用
980,000円(税別)