2016年に野村総合研究所が発表したレポート『Society 5.0へのアプローチ』において、職種ごとのコンピュータ化可能確率と雇用者数の分布というスライドがある。
 
IoT・AI・ロボティクスなどの発達により社会が大きく変化していく中、ざまざまな職種ごとのコンピュータ化可能な確率が出されており、例えば会計事務従事者、配達員、ビル・建物清掃員などの仕事は95%以上の確率でコンピュータに取って代わられると予測されている。
 
そこにおいて、IoT・AI・ロボティクスなどの発達により社会が大きく変化していく中、今後10年で歯科医師の仕事がコンピュータ化される可能性は僅か0.44%となっている。
 
それほどまでに複雑かつ精密で、機械などでは代替ができないとされる歯科治療であるが、普及性や実現性を問わず新しいテクノロジーの導入は常に模索されている。
 

出典: YouTube_ The Future of Dentistry
 
例えば…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー