会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科医院労務トラブル事例集 第7回「いつまで休むの?休職制度」 / 峯岸 陽子 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

みなさん、こんにちは。歯科衛生士で社会保険労務士の峯岸陽子です。
 
本連載では、歯科医院でしばしば見られる労務トラブルについて、事例から学び、その対策について社会保険労務士・歯科衛生士の立場よりご説明させていただきます。
 
第7回のテーマは「いつまで休むの?休職制度」です。
 
事例
「抑うつ状態の為、3カ月の自宅療養と通院加療を要する」
 
歯科衛生士桜庭友香(仮名)から診断書が届いたのは2カ月前のことだ。
桜庭の業務をカバーするために他のスタッフはこの2カ月、毎日身を粉にして働いている。3カ月先の予約までいっぱいだった桜庭担当の患者はすべて他の2人の歯科衛生士へ回されたため、2人は昼休みもろくに取れず、疲労はピークに達していた。
この激務状態が続けば、過労による他のスタッフの心身への影響が心配だ。あと1カ月で復帰できないのであれば、桜庭には辞めて休養に専念してもらいたい。…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

峯岸 陽子の画像です

峯岸 陽子

社会保険労務士・歯科衛生士

フェニックス社労士事務所 代表

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー