デジタルデンティストリーの分野で活躍されている窪田努先生に、最先端のデジタル技術について解説いただきました。
 

我々は支台歯形成をした後、実際にどれだけ削ったのかを見ることができません。これは削った支台歯をスキャンし、CAD上ですべて重ねている映像です。(解説動画より)

 

 
白く見えているところが削る前の形、あるいは最終補綴物の外形です。
下の緑色が、削った支台歯の形態で、さらにその下(写真で指し示す部分)にあるのが理想的な形成です。
 
特に臼歯部の裂溝が削り足りないことが非常に多いです。この映像を見ると、いま削った支台歯と最終補綴物とのクリアランスが足りていないのが(削ってスキャンすることによって)リアルタイムで見ることができます。
なのでこれを見れば卒後間もない先生でも削り足りないところがわかりますし、厚みや強度、審美性のために削るべきところが誰でもわかると…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー