日本顕微鏡歯科学会 第13回 学術大会『顕微鏡が歯科医療を変える』2日目
レポート 2016/04/24

日本顕微鏡歯科学会 第13回 学術大会『顕微鏡が歯科医療を変える』2日目

WHITE CROSS編集部
2016年4月22日、23日、日本顕微鏡歯科学会の第13回となる学術大会が、『顕微鏡が歯科医療を変える』というテーマのもと札幌にて開催された。
 

 
 
日本顕微鏡歯科学会第13回学術大会2日目は、一般口演9演題からのスタートとなった。
座長は今大会大会長でもある川上智史先生(北海道医療大学)と澤田則宏先生(澤田デンタルオフィス)が務めた。
「窩洞形成評価装置を用いた技術教育とマイクロスコープの…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー