侵襲性歯周炎の遺伝的背景をゲノム解析により特定ー東京医科歯科大
ニュース 2017/07/11

侵襲性歯周炎の遺伝的背景をゲノム解析により特定ー東京医科歯科大

WHITE CROSS編集部
東京医科歯科大学は7月3日、劇症型の歯周病である侵襲性歯周炎の網羅的なゲノム解析を行い、自然免疫において重要な細胞質受容体である NOD2 の遺伝子変異を同定したと発表した。
 
研究は、同大学大学院医歯学総合研究科歯周病学分野の和泉雄一教授・須藤毅顕大学院生と、疾患多様性遺伝学分野の田中敏博教授らの研究グループによるもの。
 
和泉 雄一(イズミ ユウイチ)教授 大学院医歯学総合研究科…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング