残存歯数が健康寿命の延伸と要介護期間の短縮に寄与-東北大
ニュース 2017/07/06

残存歯数が健康寿命の延伸と要介護期間の短縮に寄与-東北大

WHITE CROSS編集部
東北大学は6月28日、高齢期に保持できている歯の本数が多い人は、健康で長生きであることを明らかにしたと発表した。
 
本研究は、同大大学院歯学研究科国際歯科保健学分野の松山祐輔先生らの研究グループによるもの。
 
残存歯の本数が死亡率や要介護になる確率に関与することは、すでに数多くの研究で示されている。
しかし、要介護期間との具体的な関連は明らかではなかった。
 
そこで研究グループは、…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー