会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

会計と税務で歯科医院を強くする 第3回「過去会計(月次決算)で現状認識②」 / 副島 正雄 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

税理士法人アクア代表の副島と申します。「会計と税務で歯科医院を強くする」をテーマに、皆様のクリニックの健全経営の支援させていただければと考えております。
第1・2回で、歯科医院の運営には、過去会計によって「月次決算」を行い、経営状況を毎月把握することが大事であると記載してきました。
 
 

 
前回の復習になりますが、過去会計による月次決算は主に次の3つに分類できます。
 
○損益計算書(売上、経費、利益)○貸借対照表(資産、負債)○キャッシュフロー計算書(資金繰り)これらは「財務諸表」とも呼ばれ、見慣れない方にはとても難解に感じます。
しかし、財務諸表は財務分析・経営分析に活用できます。
 
実際、大企業の財務諸表は読み解くのが難解な場合もありますが、歯科医院においては、シンプルに考え、大まかに見ていくことをお勧めします。今回のコラムでは、まず最初に、損益計算書(売上、…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

副島 正雄の画像です

副島 正雄

税理士

税理士法人アクア 代表

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

冬2の画像です