歯科医院労務トラブル事例集 第6回「意外と知られていない有給休暇の適正な扱い」 / 峯岸 陽子 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

みなさん、こんにちは。歯科衛生士で社会保険労務士の峯岸陽子です。
 
本連載では、歯科医院でしばしば見られる労務トラブルについて、事例から学び、その対策について社会保険労務士・歯科衛生士の立場よりご説明させていただきます。
 
第6回のテーマは「意外と知られていない有給休暇の適正な扱い」です。
 
事例
春山歯科医院の歯科衛生士・金子あずさ(仮名)は、この9年間最も医院に貢献してくれたスタッフであり、院長の片腕となってスタッフの取りまとめも行ってくれていた。
 
その金子からまさかこの発言があるとは。
「私の有給休暇は40日余っているので退職日の40日前から有給休暇を消化させてもらいたい。それができないのであれば買い取りしてもらいたい」
うちは勤続年数が長いスタッフが多いので、全員に年20日も休まれたら売上げにも影響するし、何より患者さんにも迷惑がかかってしまう。一体どうしたらよ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

峯岸 陽子の画像です

峯岸 陽子

社会保険労務士・歯科衛生士

フェニックス社労士事務所 代表

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_3の画像です