天然歯の奇跡的な美しさを感じる / 青島 徹児 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

私は、患者さんの口腔内に美しい天然歯や年齢に応じた天然歯をお見かけしたときには、資料として写真を撮らせていただいています。
 
天然歯を観察していると、溝の深さや方向、ひとつひとつに力強さを感じます。
天然歯の歯牙形態こそが機能美。
 
悪いところだけを削って、その構造をできるだけ残しつつ天然歯を模倣して治療するということが、ダイレクトボンディングや修復・補綴治療で再現したいゴールです。
 

組織としての素晴らしさ
なぜ天然歯が身体の中で唯一の組織なのかというと・・・
 
身体の中のあらゆる組織は新陳代謝を繰り返し、常に新しい組織に入れ替わっています。
おおよそ、皮膚は1か月、筋肉は1か月半、内臓も1か月。外形のあまり変わらない骨でさえ、約2年で全て入れ替わります。
歯と似た組織の髪の毛や爪も、切れば必ず伸びてきます。
 
しかし歯は骨格の変化への対応のために乳歯から永…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

青島 徹児の画像です

青島 徹児

歯科医師

青島デンタルオフィス oral refresh space
Esthetic Explorers 副会長

日本大学歯学部を卒業後、同大学クラウンブリッジ学講座に入局。審美歯科を中心に研究・教育に従事。埼玉県入間市にオフィスを開設後は、GPとして臨床にあたる。接着性修復を得意とし、著書多数。国内外で講演活動も行なっている。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_3の画像です