留学で見たドイツの歯科事情 第1回「教育」 / 品川 淳一 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

歯科医師の品川淳一と申します。
 
私はドイツのLudwig-Maximilians-Universität München(ミュンヘン大学)の歯科保存学講座のProf. Dr. Karl-Heinz Kunzelmannの元に半年間、客員研究員として滞在しておりました。
 
Prof. Dr. Kunzelmann, Dr. Keßlerと筆者(中央)
 
大学院生として所属しておりました東京医科歯科大学う蝕制御学分野の田上順次教授、指導教官である二階堂徹講師とKunzelmann教授との間には長年の交流がありました。学生時代から留学を希望していた私は、幸運にもそのご縁で受け入れて頂きました。
滞在中研究に従事する傍ら、大学病院で臨床に触れる機会もありました。また、ドイツの様々な大学で研究や臨床にご活躍されている日本人の先生方、技工士の方々ともお会いする機会があり、ドイツの歯科医療の一端を覗くことができました。
米国・北欧の歯科医療は日本のみならず世界的に注目されてい…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

品川 淳一の画像です

品川 淳一

歯科医師・歯学博士

上野品川歯科・矯正歯科

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング