歯科医院労務トラブル事例集 第5回「定期代と自転車通勤」 / 峯岸 陽子 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

みなさん、こんにちは。歯科衛生士で社会保険労務士の峯岸陽子です。
 
本連載では、歯科医院でしばしば見られる労務トラブルについて、事例から学び、その対策について社会保険労務士兼歯科衛生士の立場よりご説明させていただきます。
 
第5回のテーマは「定期代と自転車通勤」です。
 
事例
院長春山(仮名)は苦々しく、玄関脇の駐輪場に止まっているピンクのマウンテンバイクに目をやった。
 
7カ月前に入社した中村はるか(仮名)は卒後7年。歯周病の権威である某先生のクリニックで鍛え抜かれた歯科衛生士だ。
実家から1時間を超える通勤となるが、そんな事は関係ないと即決採用だった。
 
しかし最近春山を悩ませている原因は、中村の自転車通勤にある。
履歴書に「趣味:サイクリング」と書いてあったが、○○キロはあるこの距離を自転車で来るとは。
 
さらに春山が疑問に思うのは、電車に乗らないのな…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

峯岸 陽子の画像です

峯岸 陽子

社会保険労務士・歯科衛生士

フェニックス社労士事務所 代表

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_2の画像です