下顎埋伏智歯抜歯の難易度を術前に評価する指標
臨床 2017/04/27

下顎埋伏智歯抜歯の難易度を術前に評価する指標

WHITE CROSS編集部
外科手術の予後を左右する要素の一つに「手術時間」がある。一般的に、同じクオリティの手術であれば、手術に要した時間が短いほど人体に与える侵襲は小さく、患者利益は大きい。歯科医が日常的に行う小手術の一つに、智歯の抜歯がある。旧来、抜歯の難易度や手術にかかる時間を定量的に評価する方法に乏しく、術者の経験や勘によって左右されることが多かった。今回、スペインのバレンシア大学顎顔面外科学分野の研究により、難…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー