会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

抗血栓薬服薬患者の歯科診療室における 知的局所麻酔管理(後編) / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

前編はこちらをご覧ください。
歯科の局所麻酔に関するガイドラインは?
歯科の局所麻酔に関するガイドラインはありません。
 
注射による血腫や出血を防止するには,血管を刺さず注射針を捲らない注射手技は大切と言われています4)。
 
一方,医科の抗凝固療法と区域麻酔に関するAmerican society of regional anesthesia andpain medicine(ASRA)のガイドライン2010年 第三版5)の経口抗凝固薬と神経ブロックに関しては「ワルファリンを開始直後の患者でもPT-INR値をチェックすること」「PT-INR値1.4以下を判定基準」としていますが,「ワルファリン内服中の患者に対する神経ブロックの適応は依然として確立されていない」「ワルファリンは神経ブロックの4〜5日前に中止し,PT-INR値が正常化してから行う」と記載されています。
 
なお,抗血小板薬に関しては「硬膜外麻酔は気にせず施行してよい」「易出血性,女性,高齢者などに…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー

0825_3の画像です