歯科治療の本質を患者さんと共有するインフォームドコンセントとは
臨床 2016/03/07

歯科治療の本質を患者さんと共有するインフォームドコンセントとは

患者説明のジレンマ 
治療の長期予後(longevity)を得るために、我々は4つのキーワード(生物学/biology、機能/function、構造/structure、審美/esthetic)に対して、診査診断をし、治療計画に反映させてきました。
 
しかし、その4つのキーワードに対して優先順位を唱えられる機会が少ないために、残念ながら、長期予後(longevity)を考慮する上で、優先順位の低い治療に対して、自費診療を選択され、優先順位の高い…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー