抗血栓療法患者の出血を防止するには?
本邦では,50歳代に急性心筋梗塞症が増加,70歳代で虚血性心疾患の発症率は頂点となります。
抗血栓療法を受けている患者は高血圧,糖尿病,動脈硬化,心筋梗塞,脳塞栓や脳血栓等の既往を持ち,心筋梗塞,脳塞栓症等の再発・病状悪化の防止目的に多くの薬剤を併用しています。
 
近年増加する高齢抗血栓療法患者に対する,観血的処置,抜歯術に求められる歯科対応・患者管理とは…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー