進化するGoogle翻訳は歯科医療においてどれほど有効か / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

歯科医師としての知識の習得には、成書、論文、ジャーナル、勉強会への参加など様々な方法があり、勉強法は人ぞれぞれである。WHITE CROSSの歯科医師サロンのおすすめの本を書き込んでいく掲示板においても、先達からの異なる意見に戸惑っている研修医の先生から「論文で勉強することと、本で勉強することの違い」についての質問が飛び、多くの先生方から勉強の仕方も含めたアドバイスが寄せられている。
 

歯科医師サロン「おすすめの本」へ(歯科医師専用)
 
エンドやペリオなど一つの科の論文を体系的に読み解いていくことは、歯科医師としての専門性を高める有効な方法である。しかし、日本の歯科医療界においては、論文そのものがハードルが高いものであるかのように感じる人が多いのもまた事実である。その大きな理由の一つが、論文が英語で書かれている場合の言葉の壁ではなかろうか。
 
同様に、成書を紐解く際や国際学会にお…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー