化石研究から見る歯の進化と歯科医療の発展
ニュース 2017/01/21

化石研究から見る歯の進化と歯科医療の発展

WHITE CROSS編集部
オハイオ州立大学のDebbie Guatelli-Steinberg 教授は、歯牙の化石を研究している。化石になる過程で最も原型をとどめやすい部位である歯牙からは、人類の進化・祖先の食生活や他の生物との関係など様々な情報を得ることができる。また、祖先の各個体の人生や直面した病気、飢え、ストレスなどまでがわかるという。
 
教授はこれまでにも、約35万年前に出現し2万数千年前に絶滅したとされるネアンデルタール人の生活と、現…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー