歯科医療の未来予測 2017 第1回「日本社会における医療」 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

人にできる仕事の大半は人工知能(AI)に取って代わられる可能性がある。衝撃的とも言える論文を、英国オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らが発表したのは2013年のことだった。
 
多くの未来予測は、あくまで予測で終わるものも多い上に、遠い未来の話のように受け止められることが多い。その一方で、近年の AI や IoTなどテクノロジーの進化には眼を見張るものがある。昨年3月には、米国グーグルが開発した囲碁AIが、世界トップクラスの棋士に4勝1敗で完勝した。囲碁AIが棋士を破るにはまだ10年はかかると言われていたが、数千万に及ぶ打ち手を学び、AI同士での対局を重ねて、人間をはるかに上回る速度で成長した結果だという。
 
歯科医療従事者にとって AIやIoTの進化は、遠い世界や未来の話のように感じられるが、医療 × テクノロジーの流れは多少なりとも歯科医療に影響を与え始めている。
 
10年前の20…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング